男性作業員

家からねずみを追いだそう│ねずみ駆除をしましょう

ネズミによる被害

鼠

ネズミと聞くと可愛いというイメージを持つ人が多いと思われますが、それはペット用のネズミだけです。野生のネズミは人に害を与える害獣と呼ばれる動物に分類されています。この害獣というのは作物を荒らしたり、人に害を与えたりする動物のことをいい、イタチやコウモリだけでなく、タヌキやキツネなども含まれています。こういった害獣はすぐに駆除しないといけません。ネズミ駆除をしないとどのような被害があるのかといいますと、ネズミに噛まれてしまうと命に関わる症状がでてしまうかもしれません。ネズミは多くの菌をもっているため、噛まれてしまうとそこから菌が入り込んで肺炎や肝炎、胃腸炎などの病気を発症してしまいます。他には噛まれてしまうと、アレルギー性の症状がでてしまうアナフィラキシーショックという症状が起きてしまいます。この症状はハチに刺された時に発症するということで、多くの人が知っていますがネズミに噛まれても起きてしまうのです。このような様々な病気になるかもしれないので、見かけたらすぐにネズミ駆除を行なってください。病気以外には家の中を壊すという被害があるのです。ネズミは天井裏や床下などに住み着いてしまいます。ネズミは柱を引っ掻くという習性があって、そのままにしておくと柱がボロボロになってしまい、家が壊れたという事例もあります。天井裏も同じような状態になるだけでなく、ネズミが天井を走ることで騒音によう被害を受けるのです。ネズミは繁殖能力が高く、次々に数を増やすので大量ネズミが天井を走り回るでしょう。ネズミ駆除をしないと、静かに生活することができなくなってしまい、ストレスが溜まっていく日々が続いてしまうでしょう。そのようなことにならないためにも、ネズミ駆除を行ないましょう。